わたしたちのルーツ

私たちは、1915年(大正4年)から続く京都の紙クロス製造会社です。
当時、欧米から輸入されていた紙クロスと呼ばれる加工紙を純国産で造りあげようと志した篠田信作を中心に紙職人が集まって創業しました。

創業当時、欧米の紙クロスの製造技術・品質は圧倒的にレベルが高く、日本でも製造する会社は、ほとんどありませんでした。

作り方さえ試行錯誤の連続でしたが、職人たちのたゆまぬ努力の末、1917年に国産紙クロスの製造に成功し、製造技術とノウハウは一世紀に渡り連綿と現在も続いています。

中井商店(現 日本紙パルプ商事株式会社)に勤務中の明治末期、職場で撮られた写真。篠田信作は中段右から2番目。

篠田紙加工場 沿革

篠田紙加工場の年表を見る

1892年(明治25年)篠田信作 中井商店(現 日本紙パルプ商事株式会社)で勤務
京都店の番頭まで勤め上げる
1915年(大正4年)篠田信作を中心に紙加工職人たちが、篠田商店を京都市中京区柳馬場付近にて創業。 当時、輸入品が主体であった紙クロスを国産化することを夢みる。
1917年(大正6年)試行錯誤の上、国産紙クロスを自社で製造することに成功。 製造販売を開始。
第一次世界大戦の影響で海外からの紙クロスの輸入が完全ストップする。 国産紙クロスの需要が増加し、販路を関西から名古屋・東京にも広げる。
1930年(昭和5年)信作の娘(四女)芳子と市原角三が結婚
信作の引退後、角三が引き継ぐ。
1935年(昭和10年)篠田信作 没
1945年(昭和20年)第二次世界大戦後、篠田商店の加工先であった上野紙加工所と一緒に現在の地で、紙クロスの生産に再び着手する。
1950年(昭和25年)有限会社 大三紙工社として法人化
1964年(昭和39年)角三の念願であった紙クロス製造機の機械化に成功し、生産性を大幅に向上させる。
1966年(昭和41年)市原角三 没
その後、角三の5人の息子たちが事業を引き継ぐ
1986年(昭和61年)立体模様金銀紙「金彩紙」を開発
1993年(平成5年)有限会社 彩響舎 発足
1994年(平成6年)彩響舎 裏面コーティングのあぶらとり紙の開発・製造 特許取得
2000年(平成12年)株式会社 彩響舎に組織変更
2015年(平成27年)篠田商店から数えて創業100周年
新たなプロジェクトとして、篠田紙加工場をスタート
> 彩響舎のサイトはこちら

クロスの歴史

「クロス」とは文字どおり「布」のことを指しますが、わたしたちの業界での「クロス」は、「Book Binding Cloth」と呼ばれる書籍装幀に使われる商品のことを「クロス」と呼んでいます。 「クロス」は、19世紀初めにイギリスにて布に塗料を塗布し、革に替わる装幀素材として考案されました。「クロス」が誕生するまでの書籍の装幀は、主に牛や羊などの革を鞣して、表紙に包んでいましたが、非常に高価で作業性も悪く大変だったようです。「クロス」が考案されて以降は、大幅な作業の効率性が上がり、品質の安定・色彩の自由度などから書物には欠かせないアイテムとして瞬く間に普及しました。やがて、クロスのベースである素材は布以外にも紙が使用されるようになり、「クロス」は「布クロス」と「紙クロス」の2種類に分けられます。

日本でのクロスの歴史

日本で初めて「クロス」が製造されたのは歴史の都、京都です。 クロスの製造には、京都の伝統産業のひとつである西陣織の染色技術と密接な関係があります。明治以降、京都ではさまざまな業種の有能な人材を世界各国に派遣したり、欧米の優れた科学技術者たちを招いて新しい技術を取り入れました。クロスの世界でも同様で新しく得た技術や知識を既存の伝統技術である着物の染色技術と上手く融合させて、国産のクロスは誕生しました。私たちの創業地が京都であるのも、このような歴史を経ているからです。

紙クロスとは

私たちが、京都で100年間作り続けているのはクロスの中でも「紙クロス」と呼ばれるものです。紙クロスは細分化すると、非含浸紙・含浸紙・ビニールペーパークロスの3種類があります。私たちが100年間作り続けているのは、非含浸紙の紙クロスです。

非含浸紙とは、クラフト紙などに水性の顔料を塗布し、様々な凸凹の型(エンボス)を付けることによって、平坦な紙から布調や革調などの様々な風合いに変化させる紙加工です。

1

最初の工程でもある調色工程は、最も熟練度が要求される工程です。

紙クロスにとってのカラーとは、商品価値とも言える最も重要な要素になります。 水性顔料のカラーは、単一色は黒色など僅かなカラーしかなく、ほとんどの色は何色もの色を掛け合わせて作ります。季節・気温・色の配合率によって微妙に色目が変わる為、歴代の色塗り職人の長年のレシピ帳をもとに色の調色作業をしていきますが、最後の色合わせの微調整は、熟錬工の眼によって判断します。この審美眼によって、味わい深い紙クロスは生まれるのです。

2

調色後、地塗り工程と呼ばれる調色したカラーをロール状の原紙(クラフト紙など)に塗工する作業をします。

3

地塗り工程を終えた原紙は、次に表面にツヤ感と耐摩耗効果を施すツヤ塗工の工程に入ります。

4

その後ロール状の型でプレスするエンボス加工に入ります。
紙クロスの特徴であるエンボス模様は、雲柄や格子柄などいろいろな型があります。
紙の厚薄による癖に応じて、微妙な加工速度や温度調整が要求されるので、長年の経験と知識が必要となる作業です。

5

エンボス工程が終えたロール状の原紙を平判に断裁していきます。

このように調色〜色塗り〜表面ツヤ加工〜エンボス〜断裁まで仕上げる紙クロスは、非常に手間と時間がかかりますが、印刷では表現できない独特な色の深み・ぬくもりを感じる風合いをもたらします。

こうして出来た紙クロスは、出席簿の表装・書籍・ノートの背張り・和洋菓子のパッケージの貼り箱などに現在でも使用されています。

ブランドコンセプト

不易流行

不易」は時代の新古を超越して不変なるもの。
流行」はその時々に応じて変化してゆくもの。

両者は本質的に対立するものではなく、
真に「流行」を得れば、自ら「不易」を生じ、
また真に「不易」に徹すれば、そのまま「流行」を生ずるもの。

篠田紙加工場でいうところの「不易」は紙クロス、
流行」は現代の人々に共感してもらえるデザイン・カタチ・機能性を含めたプロダクトの事を指します。

私たちは、一世紀に渡って作り続けてきた「紙クロス」を使ってみなさんの生活に寄り添う商品をご提案していきます。